News,Blogデフォルト画像

世界的にも先駆けて 「cmi5」完全対応の LMS 「e ラーニングマネージャー5z」をリリース

株式会社ジンジャーアップ(所在地:東京都墨田区、代表取締役:井手啓人)は、今年 6 月 1 日に公開された xAPI 規格に準拠した新 LMS 用の仕様である「cmi5」に完全対応した LMS の開発に着手いたしました。第一段を今年末にリリースする予定です。これにより従来の SCORM 規格では実現が難しかった様々な学習管理機能を実装していくことが可能となります。

■開発背景
米国ADL(※1)から2013年に発表されたExperience API(以下xAPI ※2)では多様な学習・トレーニング・経験等の履歴を統一した形式で専用のデータベースであるLRS(Learning Record Store)に格納することで、より高度で様々な学習分析や人材開発におけるパフォーマンス相関解析等が可能となりました。既に、国内外での利用が広がっております。

同ADLより公開された「cmi5」は、xAPI規格に準拠した新しいLMS(学習管理システム:Learning Management System ※3)のための仕様であり、LRSと教材コンテンツ間の通信について規定しています。今回、弊社より「cmi5」版新LMSをリリースすることにより、従来の「SCORM」版のLMSでは実現ができなかった様々な機能を、最新の技術を利用して実装でき、新たなフェーズにおいてeラーニングの学習管理を行うことが可能になります。

■「cmi5」対応LMSの特長
「cmi5」版LMSの特長は下記です。
・LRSはAU(Assignable Unit)を通して、教材コンテンツ間との通信を行う。
・教材コンテンツの異なるドメインでも、どこにでも置くことができる。

・教材コンテンツは、PCでもスマートフォンでも共通に利用できる。

・LMSでの学習履歴は、静止画・音声・動画なども記録できる。
・LMSはLRSをインプリし、xAPIの仕様に適合する必要がある。

cmi5構成図:

https://xapi.co.jp/cmi5_diagram/

■説明会開催
来る、2016年10月26日(水)~28日(金)の3日間、東京・御茶ノ水 ソラシティカンファレンスセンターにて開催される『eラーニングアワード2016フォーラム』で、28日(金)の【ルームB】14:40~15:20にて、弊社代表取締役:井手啓人がご説明をいたします。
eラーニングアワード2016フォーラム:http://www.elearningawards.jp/index.html

(※1)ADL
Advanced Distributed Learning。アメリカ国防総省内の一組織。SCORMやxAPIの規格を公開している。

(※2)xAPI
現eラーニング標準規格である「SCORM」に次ぐものとしてADLより公開された規格。「あらゆる学習経験と取り込む」という意味から、”Experience API(xAPI)”という名称が付けられている。

(※3)LMS(学習管理システム:Learning Management System)
eラーニングの実施に必要な、学習教材の配信や成績の管理などを統合して管理するシステム。ジンジャーアップでは、自社製品である「eラーニングマネージャーZ(eLearning ManagerZ)」をサービス提供している。

■会社概要
ジンジャーアップは、官公庁、教育機関、金融業界、製造業などへのLMSの豊富な導入実績があります。今後も新cmi5版LMSと連動した様々なxAPI仕様のサービス開発を進め、各種サービスを提供していく予定です。

社名 :株式会社ジンジャーアップ
所在地:東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル4F
代表 :代表取締役 井手 啓人
URL :http://www.gingerapp.co.jp/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ジンジャーアップ
担当:平野、前田
所在地:東京都墨田区両国3-25-5 JFI両国ビル4F
電話番号:03-6659-2448
E-mail:info@gingerapp.co.jp
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-