TANSU_banner

日本初 クラウド版LRS(xAPIによる学習経験記録データベースサービス) 「TANSU」サービス開始

株式会社ジンジャーアップ(所在地:東京都墨田区、代表取締役:井手 啓人)は日本初、Experience API(以下 xAPI ※1) によるクラウド版LRS(Learning Record Store)サービスである「TANSU」を2016年1月27日に開始いたします。「TANSU」を利用 することで、LRSを独自で構築する必要がなく、手軽に利用開始することでき、利用するアプリケーションのxAPIステート メントを記録することが可能となります。

サービス詳細: https://xapi.co.jp/tansu/

■開発背景

xAPIはLMS(学習管理システム:Learning Management System ※2)の世界標準規格である、SCORMの後継規格として2013年 に登場しました。xAPI仕様では、従来のLMSでは取得できなかった、多様な学習・トレーニング・経験等の履歴を記録する ことができ、これによる各種履歴データは、専用のデータベースであるLRS(Learning Record Store)に格納されます。そ の上で、様々な分析に活用することが可能となります。しかし、LRSの構築は難解であることから、日本におけるxAPIの活 用は普及が進んできていないのが現状です。こうした課題を受け、当社で独自に開発したLRSを、今回、手軽に活用できる クラウド版LRSとして改良した「TANSU」をサービス開発いたしました。

■「TANSU」を利用するメリット

  • LRSの本格導入前に、月額2,980円で手軽にLRSを利用できる。
  • 利用するアプリケーションのxAPIステートメント定義が正しいか、 テストを実行できる。
  • 複数のデータをLRSに記録し、統合されたデータを利用できる。
  • 日本製で見やすく・分かりやすいデザインのため、簡単に操作・運用できる。

今後、「TANSU」にて動作確認したアプリケーションについては、順次、紹介していきます。また、本格的にLRSシステム の構築を計画されている方には、個別プランにより対応させていただきます。
(※1)xAPI
eラーニングの標準規格であるSCORMの時期規格として、アメリカ国防省内の一組織であるADL(Advanced Distributed Learning)により公開された新たな規格です。「あらゆる学習経験を取り込む」という意味から、″Experience API(xAPI) ″(エクスペリエンスAPI)という名称が付けられています。
(※2)LMS(学習管理システム:Learning Management System)
eラーニングの実施に必要な、学習教材の配信や成績の管理などを統合して管理するシステム。ジンジャーアップでは、自社製品である「eラーニング マネージャーZ(eLearning ManagerZ)」をサービス提供しています。
TANSUページヘ